MENU

男性型脱毛症(AGA)対策に役立つ予防策とは

男性型脱毛症(AGA)の予防法とは

育毛のためには、まず抜け毛の原因や誘因となることを調べてみなくてはいけません。

 

額が広くなってきたと感じても、単に生まれつきで今まで気づいていなかっただけだったり、子どもの頃の丸い顔が成長して長くなったので額が広く見えるだけだったりすることもあります。

 

しかし、遺伝的要素によって前頭葉部の骨格が発達したことによる血行不良や、男性ホルモンが関係する皮脂の過剰分泌による頭皮のベタつきや、シャンプーなどが間違った方法でされていることにより、額が広くなっていったのなら、注意が必要です。

 

男性型脱毛症(AGA)対策は予防が大切

 

まず、現在以上に髪が薄くならないようにし、髪は皮膚が変化したものであることを理解し、頭皮の状態を正常にすることが必要です。

 

皮膚つまり髪が弱る最大の原因は、身体の病気です。腎臓、心臓、肝臓などの病気や、糖尿病や胃腸の不調、偏食や不節制、ストレス過多で体力が弱ってしまうこと自体が皮膚に良くありません。また、過剰にシャンプーをすることで、頭皮に炎症や湿疹などのトラブルを起こすこともあります。

 

反対に、頭皮を汚れたままで適切なお手入れをしていない、紫外線に無防備に当たり過ぎるといったことや、男性ホルモンの影響で、薄毛が進行するようになります。

 

薄毛にとって、予防に勝る治療はありません。育毛剤や発毛剤だけに頼るのではなく、早めに注意を喚起し、普段から毛髪ケア、頭皮ケアを正しく行うことが、全ての人にとって非常に重要な事なのです。