MENU

男性型脱毛症(AGA)の症状チェックで薄毛予防

薄毛のチェック

男性型脱毛症(AGA)の症状をチェックすることで効率良く薄毛予防対策が実現します。

 

現在は何も問題となる要素が見当たらなかったとしても、早めの予防が頭髪ケアにとって最も重要ですから、普段から現在の様子を良く知っておくことが大事です。

 

次のような兆候が現れたら、頭髪ケアを始めるサインです。

  • 髪の太さが細くなり、ハリやコシがなくなって、ボリュームが出にくくなった。
  • 毛根にふけのような白いものや、尻尾のようなものが付いた抜け毛が多くなった。
  • 抜け毛の数が多くなり、毎日100本以上も抜けている。
  • 毛先のとがった短い毛が伸びなかったり、細くて短い毛の抜け毛が増えたりした。
  • 髪をとかすと、髪の間から毛先のとがった短い毛が立つようになった。
  • 頭皮がかゆく、フケが増えたように感じる。
  • シャンプーを毎日しているのに、髪がベタつくようになった。
  • シャンプーの後など、頭髪がぬれているときに頭皮が透けて見える。
  • 照明が当たっているときは、髪が透けて頭皮のラインが見えていることがある。
  • 分け目の部分が薄くなり、分け目が広がってきたように感じる。
  • 頭皮を軽く押すと、つっぱっていて動きにくく、頭蓋骨を感じられるようになった。
  • 頭皮の色が白っぽくなく、褐色に見える。
  • 他人から髪の話を持ち出されるようになった。

 

薄毛の進行度チェック!

 

また薄毛が目立ってきたと思った時、進行度を測る基準もあります。これは、耳の中央と頭のてっぺんを線で結び、その線とこめかみの上の部分と、もっとも薄毛が進行した部位との距離を測るものです。

 

簡単に説明すると、額の髪をかき上げます。そして額を露出させたら、まゆ毛の上端に小指横向きに当てて、手のひらをおでこに密着させます。

 

そして髪の毛の生え際の間に自分の指が何本入るかを見ます。指が三本までなら大丈夫ですが、三本当てて隙間があったり、指が四本入るようなら薄毛もしくは脱毛は進行していると言えます。