MENU

男性型脱毛症(AGA)の特徴を知ろう!

男性型脱毛症

毛髪の悩みで最も多いものは、いわゆる典型的な「男性型脱毛症」です。日本人の成人男性で1300万人を超える人が男性型脱毛症だと言われています。つまり、男性全体の30%が発症する症状なのです。

 

男性型脱毛症はAndrogenetic Alopecia、略してAGAとも呼ばれます。額の両サイドが薄く禿げてくるタイプや、頭頂部から禿げてくるタイプ、前頭部と後頭部の両方から進行する混合タイプ、額の中央から後退していくタイプがあります。

 

日本人に最も多いのは、頭頂部から薄毛や脱毛が進行するタイプです。

 

また、この薄毛を認識している1300万人のうち、薄毛を気にしている男性は約800万人、薄毛への何らかの対処をしたことがある男性は約650万人、現在薄毛に対して何らかの対処をしている男性は500万人と言われています。

 

多くの場合は20代から脱毛が始まり、30から40代で前頭部と頭頂部に薄くなった部分が見られるようになります。

 

男性型脱毛症のメカニズム

 

この男性型脱毛症による脱毛とは、男性ホルモンの一つであるテストステロンが毛乳頭細胞内に入ってくると5α‐リダクターゼという還元酵素により、より活性の高い5αDHTに変換され、男性ホルモン受容体と結合し、遺伝子に取り込まれ薄毛や細毛を引き起こすようになります。

 

しかし男性ホルモン受容体は、後頭部や側頭下部の毛乳頭細胞にはわずかしかありませんので、前頭部や頭頂部が薄毛や細毛になっても、後頭部や側頭下部の毛髪は残ってしまうのです。

 

つまり、テストステロンには標的によって作用が変わると言う特性があります。体毛やひげなどには「毛を生やす」という効果を示し、前頭部や頭頂部の毛乳頭にある酵素と結び付くと「毛が抜ける」という効果を発揮するのです。

 

男性型脱毛症は進行性の症状です。いったん始まると自然と収まると言うことはありませんので、薄毛が気になったら何らかのケアが必要ですし、そのケアが早ければ早いほど効果的な改善につながります。

 

そして男性型脱毛症の特徴は、毛包がなくなることで抜け毛が始まるのではなく、毛球部が縮小することで産毛程度のものしか生えてこなくなったり、全く生えてこなくなったりするのです。硬かった太くて腰がある毛髪が、細く弱弱しいやわらかい毛になってしまうのです。

男性型脱毛症の5つのセルフチェック項目

 

自分は男性型脱毛症になりやすいかセルフチェックすることができます。少しでも早めに対策をすれば選択肢も広がります。セルフチェックの五つの項目を挙げてみます。

 

家族環境

 両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる。

抜け毛の状況

 シャンプーやブラッシングをした時の抜け毛、枕元に残った抜け毛が多く気になる。

抜け始めた時期

 思春期より後になってから抜け始め、徐々に薄毛が進行している。

抜ける部位

 額の生え際、あるいは頭頂部から抜けている。

毛髪の状態

 産毛のような細くて短い毛が多くなり、ハリやコシがなくなってきた。

 

男性型脱毛症の医療機関での治療

 

男性型脱毛症は医療機関でも治療を受けることができます。内服薬が2005年から厚生労働省の認可を受け、医師が処方する薬になっています。医療機関で男性型脱毛症の治療をしようとする場合、大きく分けて二つの選択肢があります。

 

薬を服用する内科的な治療

AGAの内科的治療

ひとつは薬を服用する内科的な治療です。基本的には皮膚科や内科で受診することができます。もちろん薬ですので、全ての人に効果があるとは言いきることができませんが、改善する可能性はあります。

 

また、服用を途中でやめると脱毛が進行し、元の状態に戻ってしまうので、いったん服用を始めたら長期にわたって飲み続けなくてはいけません。効果が出るとしても出るまでに半年以上はかかると思っておいた方が良いでしょう。

 

ですが、他人に気付かれずに治療ができると言うメリットもあります。

 

自毛植毛という外科的な治療

二つ目の選択肢は自毛植毛という外科的な治療です。この場合は植毛専門クリニックか形成外科を受診します。薬とは異なり、確実に自分の髪が生え、メンテナンスも不要です。つまり初期費用だけ維持費用がかからないのが最大の強みです。

 

ですが、局所麻酔を伴う手術が必要な事と、術後にかさぶたや腫れが出て他人に気付かれる可能性があることと、移植した毛髪が生えそろうまでに時間がかかることと、技術の高い医師がいる施設がまだそんなに多くないと言うところに短所があります。

 

美容外科に抵抗のないアメリカや台湾、韓国などではかなり一般的な手術となっていますが、まだまだ日本では体にメスを入れることに抵抗のある人が多いので、諸外国ほどには普及していません。

 

どちらの場合も男性型脱毛症で医療施設に行く場合は、健康保険の対象にはなりません。男性型脱毛症は症状ですが、病気ではないからです。ですが、やけどや事故でけがをし、傷跡が脱毛した場合は、保険の対象になることもあります。

 

男性型脱毛症(AGA)と間違えやすい円形脱毛症などの脱毛症